虹空獣道

一次創作の話と試行錯誤のあれこれ

「東京」で手に入れたもの

去年の春に今の職場から御縁をいただき、大阪の実家を飛び出し、東京で1人暮らしをしていましたが、来月末に、大阪に帰る事になりました。

 

理由は色々ありますが、一番は20年過ごした「故郷」の大阪で、これからはなるべくのんびりと、大好きな作品作りをしながら暮らしていたいと思ったからです。

 

新しい家が無事に決まって各種の手続きも行い、あとは引っ越しまで働いて、撤去の準備をするだけとなっています。1人暮らしは継続ですが、今度は家族が近くにいる場所です。家を出た気がしない程近い場所で暮らす事になりますが、遠方で過ごしている間に体調不良を幾回かしていたので、漸く親を安心させる事が出来るかなと思っています。

 

東京で1年3か月過ごしました。大阪にいた時に知らなかった事を沢山学べた街でした。

この街は、父の生まれ育った場所でした。小さな頃に祖父母に会う為に出かけただけの思い出しかなくて、関西に住んでいた私にとっては外国のような場所で、ゆえに憧れがあったゆえにいつか住んでみたいと思っていた場所でした。加えて、ずっと大坂に居心地の悪さを感じていたので、余計に憧れを抱いていました。そんな街でした。

 

右も左も分からない初めての未開の地の1人暮らしをしてみましたが、仕事が忙しすぎたせいもあって正直言うと(有名所やイベントに行ったりはしましたが)、仕事ばっかりしていた思い出しかないです……。でも、その中でも出会った人達は、オブラートに包まない関西の人とは違う清々しさがあったというか、関西に住んでいた時に周りから言われていた「冷たい」というのは余り感じなかったです。私のお世話になった人達は歯に布を着せないタイプだったのですが、それが私にはむしろ心地良かったです。散々ポンコツ扱いされるのには凹んでいましたけど……それは関西に戻っても何処行っても所詮仕事が出来ない限り扱い一緒なんですけど……。

 

沢山、沢山良くして貰いました。今までしたことの無い事を沢山経験しました。変われた自分の何かも沢山あると思います。大阪の実家に住んでいたらきっと、ずっと得られなかったものです。

 

今回も職場の御好意で転勤扱いにして貰えたので、部署が変更になるだけで今の職場の人達とは完全にお別れでは無いのですが、それでもきっと東京には、これから何か大きな縁が無い限り、暮らすという事はきっと無いのだと思います。

 

私の好きな場所である香川と大阪に、新しく東京が加わりました。イベントとか展覧会とか、観光とかでも、またちょくちょくと用を作っては遊びに来たいと思っています。

 

御縁をいただき、秋に開催される東京の展覧会に申込みをしました。今年も読み切りのライトノベルを出展する予定です。良い作品が出来るように執筆頑張りたいです。